新着情報

上高地アルペンホテル

2016.09.16

釣 千賀子 スティールパン コンサートのご案内

釣 千賀子 スティールパン コンサートのご案内

スティールパン奏者の釣 千賀子さん、ギター奏者の福田 晃一さんによるコンサートを行います。
不思議な音色を持つスティールパン。
“聴く人”を虜にするその音色はどこか懐かしくもあり、ギターの響きと共に人々の心に優しく染み入ります。
上高地の秋の夕べを素敵な演奏と共にお過ごしくださいませ。

日  時 : 2016年9月22日(木) 19:30~
場  所 : 上高地アルペンホテル 1Fロビーにて(入場無料)
演奏曲 : Under the sea

      On the sunny side of the street
      コーヒールンバ
      丘を越えて ほか


釣千賀子 プロフィール
 
3歳よりクラシックピアノをはじめ、大学在学中よりエレクトーンプレイヤーとして、 また卒業後はジャズピアニストとして活動。ジャズピアノは大塚善章氏に師事。 作曲やアレンジなども手がける。

ある日ふとしたことでスティールパンに出会い、ひと目でこの楽器の虜となる。
今までの音楽経験を生かし、スティールパンをメインのとする7人編成のラテンジャズグループ『Steeling Beat』を結成。
また2009年には女性スティールパン奏者三人・三種類のスティールパン楽団『パネーラ』を結成するなど、さまざまなユニットを主宰。
現在はコンサートやライブ・学校公演・イベントなど、色々な土地を訪れ幅広く活動している。

演奏のジャンルは幅広く、ラテン・ジャズはもちろんのこと、ポピュラーから日本の曲やアニメソング・オリジナルまで、踊り出したくなるものあり 心にしみいる抒情的なものあり… そのジャンルにとらわれないスタイルは独自のユニークな音世界を創造し、幅広い年代の方々にスティールパンの魅力を届けている。またCDはテレビのドラマや番組のBGM・ラジオなどにも多く使われている。


★CD
♪2008年4月、スティーリングビートより《Steeling Beat》発売。
♪2010年5月、パネーラより《Vamos(ヴァムス) Viajar(ヴィアジャー) ~旅に出ようよ~》発売。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
福田晃一 プロフィール
 
21歳からプロとして活動を開始。テレビやラジオ・イベントなどで様々な歌手のステージをサポートする傍ら、スタジオワークも積み重ねる。
ブルース系の「泣き」のソロは、ラーメンよりも天下一品! 一聴しただけでわかるフクダワールドがある。持ち前のロック少年魂を忘れないアグレッシヴなギタープレーや的確なリズムワークは、関西のプロギタリストの中でも一目置かれる存在である。